今週の注目レース【京都大賞典】

スポンサーリンク

こちらも注目のG2レース京都大賞典

想定がコチラ。

f:id:hoshinorurislot:20191001140731p:plain

 

エアウィンザー、メートルダールなどは、レベルの高い毎日王冠を避けて、こちらに回ってきた感じでしょう。

おかげで、ベスト距離でない有力馬も集まったので、馬券的に面白いレースになりそうですね。

 

●グローリーヴェイズ

距離、コース実績を考えたら1番人気はグローリーヴェイズでしょうか。

天皇賞春2着馬で、京都大賞典と距離コースが同じな日経新春杯の勝ち馬です。

天皇賞春では、フィエールマンとの壮絶な叩き合いで惜しくも敗れましたが、3着以下には6馬身もの差をつけていました。

日経新春杯で破った相手も、目黒記念を勝ったルックトゥワイスなだけに、グローリーヴェイズにとって京都は最高な舞台のようです。

さらに、馬柱を見ても分かる通り間隔を空けなければならない馬です。

普通はクラブ馬で、こんな使い方をしたら批判だらけになるのですが、その批判を結果で黙らせている感じです。

要するに、ゆとりローテなかわりに、常に勝負レースなのです。

秋の京都G1は3歳G1とマイルCSしかないだけに、グローリーヴェイズにとって京都大賞典は最大の勝負レースになることでしょう。

ジャパンC有馬記念には、同じシルクのアーモンドアイやブラストワンピースが出走することが濃厚なだけに、そういったことを考えても、グローリーヴェイズ陣営はここがG1級の勝負どころ。

1番人気濃厚ですが、エアウィンザーやエタリオウなどの参戦で圧倒的な1番人気にはなりそうにないだけに、馬券的にも良さそうです。

 

●エアウィンザー

全7勝のうち2000メートルで4勝、1800メートルで2勝、2200メートルで1勝していて、2400メートル以上は出走すらしていません。

この成績で毎日王冠ではなく京都大賞典を選んだ理由は、どう考えてもアエロリットとダノンキングリーから逃げたかったということでしょう。

血統的にはアイドリムドアドリームが母系で、菊花賞馬でダービー2着のエアシャカール有馬記念3着の2回のエアシェイディ、母のエアメサイアオークス2着の実績があるだけに、距離はこなせそうです。

 

●エタリオウ

シルバーコレクターも、レベルが格段と上がる古馬G1では馬券内に入ることができませんでした。

今回は、強敵はいるもののシルバー着順ゲットは十分に可能な相手関係です。

この馬も含めて、ほとんどの馬が休み明けですが、これから続くこの路線のG1は京都大賞典に出走している馬にとってはノーチャンスになる可能性が高いG1ばかりです。

アーモンドアイやサートゥルナーリアを筆頭に、強大な壁がG1で立ちはだかります。

そう考えても、怪物が出走していない賞金6700万円の京都大賞典は取りたいタイトルです。

なので、先に挙げた2頭もそうですが、休み明けだからといってG1を見据えた仕上げなんてしてこないと思います。

下手したら、グローリーヴェイズ、エアウィンザー、エタリオウの次走はアルゼンチン共和国杯なんとこともあるんじゃ(笑)

エタリオウは、あまり大きな馬ではないだけに、斤量56キロで出走できる今回はチャンスでしょうね。

 

 

日曜日に京都大賞典毎日王冠が行われますが、日曜日東京9R六社Sにはオジュウチョウサンも出走します。

東京競馬場はG1並みの盛り上がりになりそうですね!

<スポンサーリンク>